インフォメーション

2019/07/14

[新聞]7/13朝日新聞

IMG_0081.JPG

7/13日

朝日新聞に瀬奈じゅんインタビューが掲載されました。

2019/05/24

よ〜しの日2019 日本財団からの報告

よ~しの日2019トークインタビュー ~さまざまな家族の形がある、 それが当たり前の世の中へ~<span class= happy-yurikago.net/2019/05/5480/

2019/05/24

[ブログ]andfamily repo vol.5

ドキュメンタリー映画

「隣る人」
2012年公開のドキュメンタリー映画
8年間かけて取材を重ねた結果、映画の中の風景は、カメラがそこに存在しないかと思うような自然体。
だからこそ垣間見える子どもの不安定で脆く、危うい表情が、観てるものの心に訴えかける。
親ってなんだ。
家族ってなんだ。
子どもが一人の人間として、尊重されるべきであるのに、今の日本の児童福祉は、世界から「社会的なネグレクト」だと揶揄されている。
子どもの虐待死も後を絶たない。
この「隣る人」の中で、職員が子どもを抱きしめるシーンが頻繁に出てくる。
極論、、、。
子どもに愛情を伝える時に、余計な事は何もいらない。ただ抱きしめてあげるだけで良い。
この映画の職員のように。
本当に、そうなんじゃないかと、私は思っている。
repoとしては最短文だけど、色々と内容を書いてしまうのも違うかなと思ったり。
私の言葉からではなく、映画を是非観ていただけたらという想いから、ここまでで終わろうと思います。
ただ、何度かこんな話をしていますが、最後に。
今の日本では、養護施設は無くてはならない施設です。
職員の方々の尋常ではない、愛情、葛藤もこの映画から痛いほど伝わります。
全く批判の意はなく、特別養子縁組で安定的な、より家庭的な環境がこういった子どもたちにも届くと良いなと。
改めて強く感じます。
&family..
千田真司

 

2019/04/29

[新聞]4/20 スポーツ報知

IMG_9395.PNG

4/20日

スポーツ報知に瀬奈じゅんインタビューが掲載されました。

2019/04/19

[web]4/15現代ビジネス

現代ビジネスにて瀬奈じゅんインタビューが掲載されました。

特別養子縁組をテーマにした漫画

「かぞくを編む」は共感できる一冊

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/64067

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...